福島民報様に掲載されました。


南相馬市の学習塾 京大個別会原町校 教室長 佐藤晃大です。 いつもブログを呼んで頂きありがとうございます。     先日、福島民報様から、 「被災地の声」という記事の取材を受けました。   なぜ南相馬市に学習塾をオープンしたのか、 なぜ子どもたちが少ないのにオープンしたのか、 なぜ県外の多くの方が協力してくださったのか、 等々。     私の思いは、 今の子どもたちが20〜30年後に、 生まれ故郷である南相馬市に戻ってきて、 復興を牽引していく人間が多くいる街にすることです。       そのために、今の子どもたちに、 ①将来の選択肢を多くしてもらいたい。 ②南相馬市にもこんなに頑張っている大人がいるんだ。 と思ってもらい、     「将来は南相馬市に戻ってきて地域活性に貢献するんだ!」       そういう子どもが増えるような教育をしていきます。       今出来ることは 本校の一人ひとりの生徒に全力でぶつかって、 こんな大人になりたいって思ってもらえる 行動を責任もって行うことだと思います。       まだまだ知名度が低い、 南相馬市の学習塾 京大個別会 原町校 ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。       南相馬市 学習塾 京大個別会 原町校 教室長 佐藤晃大

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です